大腿骨頭すべり症

大腿骨頭すべり症とは、骨盤と大腿骨で形成する股関節において
成長期の子供は大腿骨の関節部分に骨端線という骨が成長する
部分があり、これが外力を受けて後方にずれてしまったのが
大腿骨頭すべり症です
原因は、大腿骨頭に強い外力が加わり、ズレを起こすものと
成長ホルモンと性ホルモンの異常で肥満にも関係しています。
症状は、外傷がきっかけで、歩けなくなるくらいの痛みが出る
急性型と、ホルモンの関係で成長期が遅れ大腿骨頭に
かかる負荷が長くなったために痛みが出る慢性型に分けられます。
蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
大腿骨頭に負荷が少なくてすむように、骨盤を調整します。
トルクリリーステクニックで神経の通りをよくして
オリキュロセラピーでホルモンバランスを整えます。
a:255 t:1 y:1