バーナー症候群

バーナー症候群とは、ラクビー、アメリカンフットボール、相撲などの
タックルなどや、体操競技、トランポリンなどの着地の失敗で
首に瞬間的な強い力が加わった時に発生する、灼熱感やシビレ、痛みを
伴う一過性の神経障害です。発生時に腕に、強く熱を感じるので
この名前が付いています。
原因は、首への外力が伸展、屈曲、長軸方向への圧迫に加わると
頚椎の神経の通り道である椎間孔が狭くなり神経を圧迫して
様々な症状(方や腕に灼熱感、シビレ、筋力低下、感覚異常など)が
起こりますが、たいていの場合、数分から一時間で症状はなくなりますが
翌日以降も症状が残る場合はMRIなどの検査が必要です。
蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
衝撃でズレてしまった頚椎や胸椎を元の状態へ矯正し
トルクリリーステクニックで神経の周波数を整えて
オリキュロセラピーで痛みやシビレの症状にアプローチします。
a:312 t:1 y:0