ギラン・バレー症候群

ギラン・バレー症候群とは運動神経の障害のため手や足に筋力低下が見られ
手足のシビレ感も伴うことがあります。この他の症状は、顔面の筋肉や
目を動かす筋肉に力が入りにくくなったり、嚥下困難、呼吸不全など
があり日本では特定疾患に認定された指定難病です。 また子供からお年寄りまで罹患し人口10万人に年間約1~2人かかります
原因は風邪を引いたり、下痢をした後などの感染症の後に症状が始まる
ことから、各種ウイルスや細菌による感染が引き金となり
自己免疫システムを介して発症すると考えられています。
治療の方法は免疫グロブリンの大量投与または血漿交換療法が有効です。
a:283 t:1 y:1